FC2ブログ

日経平均に連動しない銘柄にも注目!

昨年11月~12月、個人投資家は現物株だけで約
2兆5,000億円の大量売り越しになっています。年
越しに当たり、取り敢えず身軽にしておき、年明け
以降の押し目を狙うという作戦だと思います。ところ
が、日経平均は下げるどことか、あっさり28,000円
の大台を回復してしまいました。こうなると、じっと
押し目を待つのか、それとも追撃買いにいくのか
迷っている投資家も多いのではないでしょうか。

結論から言えば、日経平均の動きにあまり惑わされ
る必要はないということです。その理由は、日経平
均に連動しやすい銘柄もあれば、連動しにくい銘柄
もあるからです。専門的にはベータ値が高い、低い
で見るわけですが、そんな小難しいことを考えなくと
も、昨日のような日経平均が急伸した日に動いてい
ない銘柄をチェックすれば連動しにくい銘柄が簡単
にわかります。そして、連動しにくい銘柄こそ逆行
高銘柄になる可能性が高いと言えます。

ご承知のとおり、日経平均は225銘柄の単純平均で
計算される指数です。そして、この指数が相場の流
れを象徴しているのも事実です。ただ、現在の東証
の全上場会社数は3,755社あり、日経平均採用銘
柄はその内の約6%に過ぎません。事実、当社の
推奨銘柄には日経平均が下がっている日に逆行高
する銘柄も多いです。

たとえ日経平均が急落して、3,755社の中には逆行
高する銘柄が多数ありますので、いたずらに高値警
戒感に怯えることなく、このような銘柄もポートフォ
リオに入れておけば、かなりのリスクヘッジになる
はずです。

それでは、また!


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================


◆バリューサーチ投資顧問株式会社
「投資助言サービス」<銘柄紹介型>
今、「買いのズバリ!2銘柄」配信!
過去12年の全推奨銘柄と上昇率を公開中!
必ずしも日経平均には連動しない堅実な割安株を選んでいます!
=======================================


◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料最速購読(随時発行)
・株式投資・銘柄洗濯、また割安株投資のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト



☆原監督は割安株が嫌い??

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

幸先の良いスタートを切った巨人軍ですが、
いつのまにか最下位争いをする羽目になって
しまいました(※2006年7月現在)。
けが人続出が原因と言うけれども、プロである以上、
そんなことは言い訳にはなりません。
井口選手や城島選手がいなくなったソフトバンクは
毎年首位争いをしているのです。

なぜ、巨人軍が短期間で凋落したのでしょうか。
本日は、原采配を
ポートフォリオ運用
に例えて考えてみました。
原采配は、ポートフォリオで言えば、
外国株をコアにして、回りを新興株で固める
というものです。
外国株とは、外国人選手や他球団からの移籍選手であり、
新興株とは勿論若手選手のことです。
イ・スンヨプ、小坂(元ロッテ)、アリアス(元阪神)など
他球団からきた選手を非常に高く評価すること、
それに未知の若手選手を多用することがその特長です。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
<銘柄紹介型> 6ヶ月 31,500円  1年間 52,500円
契約時に、業種分散に配慮したポートフォリオ(5~6銘柄で構成)
をご提示。その後、継続的に週に1~3銘柄の割安株をご紹介。
運用金額は不問です。サービスは電子メールでご提供。
ご希望の方には、売買タイミングの一助に「銘柄発掘ナビ」の
スクリーニング機能を無料サービス。
☆また、推奨銘柄に関するご質問を会員様専用メールで
お受けします!(2007年7月より新サービス追加)

詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
======================================= 
プロですから、お金に物を言わせて他球団から
有望選手を集めるのも当然ですし、
思い切って若手を抜擢するのも必要なことです。
しかし、
問題なのはそのバランス
です。
ポートフォリオで言えば、
実績のある国内割安株
もしっかりと組み入れる必要があったということです。
彼の個人的な感情もあるのでしょうが、
ここが
勝負の分かれ目
になったと見ています。

ところで、国内割安株とは
仁志であり、清水であり、また、原巨人のスタート
とともに巨人を去った元木などの生え抜きの選手たち
です。
確かに彼らはここから多くの成長は望めませんが、
実績と安定感
は若手の比ではありませんし、
また、ほとんどの移籍選手にも負けません。
もし彼らをきちんと評価していれば、
多少けが人が出ても、こんなドタバタ劇には
ならなかった筈です。

今年は新興株が大幅に値下がりし、
新興株一辺倒の投資家は大分痛手を受けました。
同様に、実績のない若手選手や外人部隊に
多くの比重をかけるとチームが不安定になるのは
当り前のことです。
ポートフォリオを組成するときは、
新興株のみならず、
実力ある割安株もきちんと組み入れて
リスクヘッジをする

ことが重要なのです。
今年の新興市場が、そして巨人軍が
改めて教えてくれました。

それでは、また来週!

■当社の「銘柄発掘ナビ」は当社独自の
スクリーニングソフトはじめ投資戦略
や推奨銘柄など5つのサービスで構成されています。
会費は1ヶ月3,150円と格安です。詳細はこちら↓
http://www.value-search.co.jp

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース