fc2ブログ

空売り取引を始める前に!

大昔の話になりますが、大手証券では信用取引口座を開設するには1,000万円以上の預かり資産があることが条件でした。当時、一証券会社に1,000万円以上の預かり資産がある顧客は、その時の貨幣価値からして相当の富裕層という認識でした。その彼らですら、空売り取引はリスクが大きいからやらないという顧客が大半で、空売り取引を行うのはほんの一部の特殊な顧客という状況でした。

翻って現在はネット証券全盛期であり、誰でも簡単に信用取引口座を開設することができ、空売り取引もかなり一般的になってきました。ネット証券サイドに追加保証金を取りっぱぐれないシステムが出来上がったことが大きな背景だと思いますが、加えて、昨今の日本株は力強い上昇トレンドにあるとは言い難く、買いだけでなく、売りも合わせる手法が拡がりつつあるということなのでしょう。

しかしながら、空売りは簡単な取引ではないことはしっかり認識しておくべきだと思います。「タイ焼きの頭としっぽはくれてやれ」という相場格言がありますが、これはタイを1匹まるごと食べるのが最も理想的ですが、実際の株式取引では底値で買って天井で売ることなどはまずできないという意味です。多くの投資家の皆さんが保有株を天井で売ることが如何に難しいか経験しているはずです。ただ、保有株を売却した後にどんなに株価が上がろうと悔しい思いをするだけですが、空売りの場合はそうはいきません。

当社でも2010年から空売り銘柄を推奨するサービス(信用空売り型)を始めていますが、お客様の期待に応えられたことは多かったと思いますが、当社としても教訓を得させられたことも数々あります。しかし、我々はプロですから、12年の長きに亘る成否を糧に多くのことを学び、たくさんの経験を積み上げ、成功確率を少しでも高める手法を追及してきました。

そこで、当メルマガの読者の皆さんに「空売り取引を始める前に知っておくべきこと」と題して、今後数回に亘って、当社の長年の経験を披露させていただきたいと考えています。

それでは、乞うご期待ください。


提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、世界的な経済メディアより取材を受け、話題の企業ニュースに関する見解・コメントを提供しております。
===================================


◆バリューサーチ投資顧問株式会社
<信用空売り型> 「投資助言サービス」
株価が下がると予想される「今だ!空売り銘柄」を週1回ご紹介!
過去12年の下落率フル開示!2022年の空売り銘柄を新公開!
割高度や業績
などファンダメンタルズを中心に、テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、市場動向や人気面などにも配慮します!
===================================


◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料最速購読(随時発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去13年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース