FC2ブログ

三井化学は買い?売り?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

13日に米国が量的緩和策第3弾(QE3)の導入したことで世界のリスクマネー
が株式市場に戻りつつあります。NY市場は4年9ヶ月ぶりに高値を付け、独仏
市場も高値を更新中であり、東京市場の出遅れ感が目立ってきています。
今後の東京市場を占うポイントはズバリ!日銀の金融政策にあると見ています。

日本経済は円高が企業業績を圧迫し、長引くデフレが雇用悪化を招くという
悪循環に陥っているのも拘わらず、インフレ懸念を理由に追加緩和に消極的な
日銀には困ったものです。最近は、“インフレで何が悪い!”という声が上がり
始めていますが、当然の成り行きでしょう。少しぐらいインフレになっても景気
回復こそ多くの国民の願いだからです。従って、18~19日の日銀の金融政策
決定会合で追加緩和策が決定される否かが大いに注目されます。

もし追加緩和策が決まれば、東京市場も新たな上昇トレンドに入ると思われ
ます。そして、物色対象は景気敏感株や金融株、不動産株などに拡がりそう
です。ただ、いつまでもムードだけで買われるわけではなく、やはり、最後は
業績の勝負になります。

従って、既に発表された第1四半期業績をしっかりチェックする必要があります。
一般的には進捗率が通期予想の25%に届いているかがチェックポイントになり
ますが、それだけでは不十分です。なぜならば、中間期の利益が通期の半分と
いう企業はほとんどないからです。

一例ですが、三井化学(4183)の今期経常益の予想は中間期10億円、通期
290億円ですが、第1四半期で既に47億円を計上しています。通期の進捗率は
16%に過ぎませんが、中間期の10億円は遥かにクリアしています。単純に
25%という基準でなく、中間期の予想値に対しての進捗度を見た方が実体を
把握できると思います。このような観点から好業績株を探してみたらいかがで
しょうか。

それでは、今週は日銀の追加緩和策を期待しましょう。
また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 生きた証券用語辞典
株式投資にすぐに役立つ最新のキーワードを随時登録し、
”生きた辞典”を作ります。
今週のコラムの中の注目ワード
・「QE3オープンエンド型」とは?
・「リスクマネー」とは?
・「金融緩和政策」とは?
・「円高」とは?
・「デフレスパイラル」とは?
・「インフレ」とは?
・「景気敏感株」とは?
・「業績予想」とは?
・「業績相場」とは?
新聞やニュースの見出しを併記し、実践的な用語解説を心がけます!
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る銘柄を推奨。
推奨銘柄に関するご相談はメールにて回答中!
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

証券株は出遅れか?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近の相場は、ハイテクや自動車などの外需株が一服し、
出遅れの内需株を物色する動きが拡がっています。
(※2010年4月17日現在)。ただ、内需株の中でも銀行株
などは今年の高値を更新している銘柄がほとんどですが、
証券株は野村HD始め多くの銘柄が今年の高値を更新して
いない状態であり、出遅れが目立ちます。

証券会社の業績は株式委託手数料に負うところが大きく、
その手数料は市場の出来高にスライドします。最近の
出来高は1兆5,000億円程度まで増えてきていますので、
証券会社の手数料は間違いなく増えているはずです。
それにも拘わらず株価の動きが鈍いのは大手証券
その理由がありそうです。

大手証券は株式委託手数料の比率が徐々に小さくなっており、
投資銀行部門に重心を移してきています。ところが、この
投資銀行部門に不透明感があると市場は見ているようです。

◆バリューサーチ投資顧問の『生きた証券用語辞典』
金融・経済ニュースの材料から、株式投資に役立つ
最新の注目ワードを毎日解説します!
決算短信、日経新聞、四季報がスラスラ読める!
投資のヒントとなる当社独自のワンポイントも。
http://www.value-search.co.jp/fglossary.htm
=======================================

野村HDは経営破綻した米大手証券リーマン・ブラザーズの
アジア太平洋部門と欧州・中東部門を買収しましたが、
この戦略が吉と出るか、凶と出るか、現時点では見極めが
できないということでしょうか。また、大和證券は法人部門に
ついて三井住友FGとの関係を解消し、独立路線を取る選択を
しましたが、この経営判断についても悲観的に見る向きが
多いようです。

また、追い討ちをかけるように、最近金融庁などが
大手証券や外資系証券のリスクに関する監視を強化する方針
を打ち出してきました。このような状態ですから、大手証券株
になかなか手を出しにくいのかもしれません。

ただ、前述のように株式市場の回復が証券会社の業績に
プラスに働かないはずがありません。大手証券株が買い
にくいならば、株式市場の回復を素直に享受できる
中堅のリテール証券株が面白いのではないでしょうか。
相場環境も主力株がひと休み、中小型株物色が強くなる
と思われますので、なおさら妙味があるかもしれません。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

安値圏にあるサプライズ銘柄を探す!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

来週からいよいよ中間決算の発表が本格化しますが、
必ずしも上方修正銘柄が買われるわけではありません。
中には材料出尽くしで売られる銘柄も出てくると思われます。

ところで16日に測量機器、医療機器の大手である
トプコン(7732)が業績修正を発表しました。同社の業績は
第1四半期がかなり厳しかったので、市場では中間および
通期業績が下方修正されると読んでいたのでしょうか、
株価は6月高値から30%以上も下げ続けていました。

今回の発表では中間業績は市場の予想通り下方修正と
なりましたが、通期業績については当初予想の達成は可能
というものでした。すなわち、第1四半期を大底に第2四半期
以降は急速に回復しており、通期ベースでは当初予想通りの
数字になるとのことでした。これを受けて、同社の株価は
1週間で約30%の急上昇となりました。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社
当社推奨銘柄、直近の上昇率はこちら↓
http://value-search.co.jp/
=======================================
もし今回、中間業績の下方修正のみを発表したならば、多分
こんなに買われることはなかったはずです。
通期業績は当初予想通りになると付け加えてことで、
業績の回復トレンドが市場で評価され、株価の急上昇を
もたらしたということでしょう。

今回、トプコンを取り上げたのはこのような銘柄が他にも
かなりあると思われるからです。すなわち、第1四半期の
厳しい業績内容から、株価が安値圏に放置されている銘柄
の中で、第2四半期以降業績が急速に回復、通期ベースで
は当初予想通り、またはそれ以上の数字を達成できるという
銘柄が結構あるだろうということです。

冒頭で述べたように、既に業績回復が市場で評価され、
株価が上昇している銘柄はあまり魅力がありませんが、
市場で殆んど注目されず、安値圏に放置されている中小型株
の中にサプライズ銘柄があるはずです。
株価チャートをチェックしながら、サプライズ銘柄を探してみたら
いかがでしょうか。多分、効率的な銘柄選びになると思います。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


なぜ、主力株は戻らないのか?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

先週(※2009年7月26日現在)の東京市場はNY市場の
上昇を背景に、日経平均で5.84%の上昇となりました。
6月12日に今年の高値を付けましたが、その後主力株
中心に9,000円近くまで急落、先週の上昇で6月12日の
高値に比べて、-1.89%の水準まで戻ってきています。
ところが、個別に代表的な主力株の動きを見てみると、
必ずしもそうではないのです。
以下、直近の各高値(5月または6月)から7月24日の
株価変化率を見たものです。

1812鹿島    -17.13%   4005住友化学  -1.54%
4063信越化学-5.18%    5401 新日鉄   -11.06%
6301コマツ  -5.61%    6502東芝     -4.65%
6758ソニー  -15.36%    6954ファナック  -6.02%
7203トヨタ自 -8.09%     8031三井物産  -10.47%
8306三菱UFJ -21.32%   8604野村HD   -14.88%
8802三菱地所 -14.27%  9104商船三井  -15.63%
9983ファーストリテイリング -8.05%

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================   
以上のように、日経平均に比べて代表的な主力株は
かなり出遅れていることが見て取れます。
特に銀行株の低迷ぶりは際立っており、他にも
証券、不動産、海運、建設などは厳しい状況になっています。
その要因については、
 1. 大量ファイナンスが市場で嫌気されたこと、また、その
   可能性がある銘柄が避けられていること
 2. まもなく発表になる第1四半期業績を見たいということ
 3. 直近高値から未だ日柄整理が完了していないこと
 4. 市場エネルギーが不足していること

などだと思います。従って、最近の日経平均を押し上げて
いるのは、主力株以外の銘柄、比較的値動きの良い
材料株などです。ただ、日経平均が10,000円台を固め、
更に12,000~13,000円を目指すには何と言っても主力株
力強く上昇することが不可欠です。そのためには、
大量ファイナンスが一段落することも必要ですが、
主力株の第1四半期業績予想通りか、またはそれ以上
であることが最低条件です。今週から第1四半期業績の発表
が始まりますが、その内容が大いに注目されるところです。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


小型株の出遅れが顕著!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

5月の東京市場は外国人の売買シェアが低下した一方で、
個人は31.6%と2年9ヶ月ぶりの水準まで上昇しました
(6月5日付日本経済新聞)。グローバル経済の時代とはいえ、
東京市場が外国人投資家やNY市場次第というのでは、
いかにも情けない話です。今後の東京市場にとって
個人投資家の参入は絶対不可欠な要素と言えます。

ところでその個人ですが、日経平均も大分上昇しました
ので、ここからは強気になれないという投資家が多いようです。
「買いたい弱気」の感がしないでもありませんが、
相場の大きなトレンドは変化したと思われますので、
必要以上に弱気になることもないでしょう。ただ、
テクニカル面から見て、目先一服してもおかしくない局面
かもしれません。

問題はこのような環境の中での銘柄の選び方ですが、
目先的には主力大型株を避け、小型株に注目するのも
ひとつの手だと思います。
データ的に年初から5月末までの規模別の動きを検証してみると、
大型株は+5.69%中型株は+3.01%小型株は+1.79%
の上昇となっており、大型株の上昇率が目立ち、一方で
小型株の出遅れが顕著です。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
但し、小型株といってもデイトレでない限り、
投機的な銘柄は避けた方が無難でしょう。
基本的には東証1部の銘柄がよいと思います。
新興市場や東証2部まで投資対象を拡げなくとも、東証1部に
まだまだ魅力的な小型株がたくさんあるからです。

具体的には以下の条件で銘柄を選んでみたらいかがでしょうか。
1.前期も今期も赤字ではない
2.PBRが0.7倍以下
3.自己資本比率が40%以上
4.株価は昨年の高値の半値以下
5.売買に支障のない出来高がある
6.株価は比較的低位(例えば300円に以下)
である

以上の条件に全て合致する銘柄はあまりないと思いますので、
多少条件を緩めても問題はありませんが、このようなことを
念頭に置いて銘柄選びをするならば、たとえ上昇しなくとも、
大きな怪我はないはずです。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html




プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース