FC2ブログ

予想開示銘柄が買い!

決算発表がほぼ終わりました。今期の業績予想の開
示については、今回は新型コロナの影響で、以下の
ように各社マチマチでした。

(ケース1)通常どおり、通期予想を開示
(ケース2)通期予想をレンジ表示で開示
(ケース3)第1四半期のみ開示
(ケース4)売上高など一部の項目のみ開示
(ケース5)全く開示せず

確かに新型コロナの先行きが見えず、現時点で算定
するのはなかなか難しいとは思いますが、株主や投
資家のために色々工夫して前向きに開示している会
社もあれば、他社に倣えで全く開示しなかった会社
も多数ありました。

投資家からすれば、(ケース1)はかなり保守的な数
字なはずですので、ほぼ下限に近いと判断できます。
(ケース2)は予想レンジの中値、最悪の場合でも
下限で判断すればいいので、ある程度の予想は立ち
ます。(ケース3)の第1四半期のみの開示でも一応
雰囲気だけはわかります。そして、(ケース4)の
ように例え売上高だけでも、その予想が増収ならば
それなりに安心感があります。

問題は(ケース5)の全く開示しなかった会社です。
いい加減な予想はしたくないということでしょうが、
投資家のために開示するという上場企業としての責
務と努力が足りないとの誹りも免れず、迅速な開示
が求められると思います。

無論、最大限工夫して前向きに開示している会社の
株に魅力があるのは言うまでもありません。

それでは、また!


提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

(「買い」の銘柄配信サービス)
◆バリューサーチ投資顧問株式会社
「投資助言サービス」<銘柄紹介型>
今、「買いのズバリ!2銘柄」配信!
過去12年の全推奨銘柄と上昇率を公開中!
当社では、企業のIR部署に確りとインタビューを行い銘柄選択しています!
=======================================


◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト



今回の主役は年金基金!

日経平均は急落前の2020年1月高値から3月安
値のほぼ半値の戻しを達成しましたので、この辺り
で一服して当然でしょう。そして、冷静に個別銘柄
をチェックしてみると、この戻り相場において銘柄
の選別色がかなり強かったことがわかります。

どうしても日経平均の動きに目が行きがちですが、
今回の戻り相場の主役は年金基金ですので、銘柄
選別がかなりシビアに行われていると思います。要
するに、業績や成長性をベースにしたかなりまとも
な相場と言えましょう。

例えば、三菱ケミカルHD(4188)は、前期営業益は
ほぼ予想どおりの51%減、今期は同5%減ですが、
未だ株価に織り込まれたという状態になく、3月の
最安値近辺で低迷しています。この程度の数字なら
ば悪抜けして上昇している銘柄も多数ありますが、
これは同社を取り巻く経営環境が一段と厳しいと見
られているからでしょう。

一方で、業績や成長性において、“根拠ある銘柄”
を選ぶならば、例え日経平均が下がろうとも、復元
力は強いはずです。因みに、個人投資家は材料株を
好みますが、“材料”だけでは相場は長続きしませ
んので、この点は肝に銘じた方がよいでしょう。

それでは、また!


提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<フルサポート型> 
推奨銘柄売買タイミングをフルサポート!
6ヶ月または1年間で十分な成果を目指します。
コロナ相場でも、復元力の強い割安株を推奨!
ご入会から1ヶ月で買付ポートフォリオを構築、
大引け後にメールまたはFAXで売買をご指示し、
翌営業日の寄り付きで売買、
お客様のお忙しい時間を一切邪魔しません。
大変格安な会費となっております。
⇒<フルサポート型>でご提供されるサービス
=======================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


投資の神様はいない!

今回の新型コロナで天下のウォーレン・バフェット
氏が率いるバークシャー・ハサウェイが5兆円の損
失を出し、過去何年分もの利益を吹っ飛ばしました。
まさに投資の世界には神様はいないということで
しょう。だからこそ、自分の投資スタンスをしっかり
作ることが重要です。結果に対して納得が得られる
からです。

ただ、これは“言うは易く行うは難し”で簡単なこと
ではありません。失礼ながら、これではいくらお金
があっても足らないだろうと思われる不向きなタイ
プがいるのも事実です

まず、上昇局面になるとガンガンの強気になり、
下落局面になると一転して弱気になってしまうタイ
プです。これでは高値掴み、安値売りになるだけ
です。

また、千載一遇のチャンス時に見送りを決め込ん
でしまうタイプです。当然、様子見も必要ですが、
いつまでも決断できないようではチャンスを逃すだ
けです。

評論家やジャーナリストの言うことを鵜呑みにして
しまうタイプも不向きでしょう。これでは、いつまで
も自己責任が身に付きません。

因みに、当社の投資スタンスは、
“大勢逆張り、目先順張り”を基本としています。

それでは、また!


提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

(買い)
◆バリューサーチ投資顧問株式会社
「投資助言サービス」<銘柄紹介型>
今、「買いのズバリ!2銘柄」配信!
過去12年の全推奨銘柄と上昇率を公開中!
相場全体が暴落した後でも、株価の戻りが早い堅実な銘柄を選んでいます!
=======================================

(買いと空売り)
◆バリューサーチ投資顧問株式会社
「投資助言サービス」<ブルベア型>
「買い」と「空売り」の「ブルベア銘柄」を配信!
週1回、ペア銘柄を1セットご紹介!
新型コロナウイルスで株価が乱高下する中、
相場変動リスクをヘッジしたい投資家様にも!
※空売りはリスクある取引です。
お客様自身で損切りラインを設定して
いただきますようお願い申し上げます。
※当サービスは信用取引口座の開設が
必要です。
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら
<ブルベア型>サービス内容はこちら
=======================================

(空売り)
◆バリューサーチ投資顧問株式会社
「投資助言サービス」<信用空売り型> 
株価が下がると予想される
「今だ!空売り銘柄」を週1回ご紹介!
過去10年の下落率フル開示!2020年の空売り銘柄はこちら
割高度や業績
などファンダメンタルズを中心に、
テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、
市場動向や人気面などにも配慮します!
===========================================


◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


証拠を武器に中国を脅す!

新型コロナウイルスの動向がやや落ち着きを取り戻
したと思った矢先、米国のトランプ大統領とポンペ
オ国務長官は、「新型コロナの発生源について中国
の武漢研究所であることを示す膨大な証拠がある」
と発言したことで、新型コロナを巡る米中関係の悪
化懸念が一気に高まりました。

3月に中国外務省の報道官が「新型コロナウイルス
はアメリカ軍が武漢に持ち込んだかもしれない」と
ツイートした後も米国は表立った反論はしませんで
したので、この間、色々と調査していたのでしょう。
米国の調査網は桁違いですので、ご両人の発言は
根拠ありと見た方がよいかもしれません。

但し、このことで米中関係が直ちに悪化するとも思
えません。なぜならば、米国は11月に大統領選が
控えているからです。全面的な対立になれば、米国
経済に与える影響は大きいですし、また株式市場
の急落を招きかねません。トランプ氏が選挙に勝つ
ためには、このような事態はなんとしても避けたい
はずです。

多分、この証拠を武器に中国に脅しをかけ、今後の
米中交渉の主導権を握るという作戦に出るのではな
いでしょうか。トランプ氏にとって大統領選に勝つ
ことが唯一無二の課題だからです。

それでは、また!

提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================


(「買いと空売り」の銘柄配信サービス)
◆バリューサーチ投資顧問株式会社
「投資助言サービス」<ブルベア型>
「買い」と「空売り」の「ブルベア銘柄」を配信!
週1回、ペア銘柄を1セットご紹介!
新型コロナウイルスで株価が乱高下する中、
相場変動リスクをヘッジしたい投資家様にも!
※空売りはリスクある取引です。
お客様自身で損切りラインを設定して
いただきますようお願い申し上げます。
※当サービスは信用取引口座の開設が
必要です。
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら
<ブルベア型>サービス内容はこちら
=======================================


◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース