2022年10月 - バリューサーチ投資顧問の「株式投資に生涯つきあう法」
fc2ブログ

株の塩漬けは腐敗することも!

どんなに下がっても売らなければ損は出ないという投資家がいます。いわゆる“塩漬け”ですが、果たして適切な対応か、答えは50点というところでしょうか。確かに長期保有したことで株価が回復する銘柄もありますが、一方で長期間に亘り低迷したままの銘柄、さらに下がり続ける銘柄も多数あります。

例えば、半導体関連銘柄は業界特有の構造的な景気循環(シリコンサイクル)があり、不況時には株価が下がりますが、好況時には一気に回復してきます。ましてや半導体の需要分野はますます拡がっており、今や半導体がなければ生きられない時代です。特に技術力に優れた銘柄は保有持続でも問題ないと思います。

一方で、その時の好材料に飛びついて買った銘柄や、ファンダメンタルズ(業績や割安度、財務面等)を無視してテクニカル指標だけで買った銘柄、また成長神話を信じて買った無配株等の中には、例え半値でも売却しておいた方がいい銘柄もあります。かつてもITバブル崩壊時には株価が10分の1になった銘柄がゴロゴロあり、最悪100分の1になった銘柄もありました。

食べ物の塩漬けは腐敗を防ぎ、長期保存のための方法ですが、株の塩漬けは腐敗するリスクがあることは十分念頭に置かれた方が良いでしょう。そのためには長期保有に耐えられる銘柄か、もう一度チェックしてみたらいかがでしょうか。


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、世界的な経済メディアより取材を受け、話題の企業ニュースに関する見解・コメントを提供しております。
===================================


「銘柄診断サービス」スタート!★

保有すべきか?売るべきか? お困りでありませんか。 当社の「銘柄診断サービス」がその悩みを解決します!全上場銘柄が対象です!会員登録はご不要!


アドバイザーは?
コールセンターではありません!米ブルームバーク、英ロイター、日本経済新聞など世界的経済紙の取材インタビューに、的確な銘柄分析コメントを提供している当社代表取締役 松野 實が、ご相談に応じます!株価はファンダメンタルズ(業績や割安度、財務状況等)や成長性、需給動向、テクニカル指標、市場人気等、多様な要素で決まると考えています。山一證券、(仏)ソシエテ ジェネラル アセット マネジメント等に勤務。


サービスの提供方法
(1) メールで銘柄診断
(2) 電話で株式相談(事前予約制)
「銘柄診断サービス」(メール診断・電話相談)お申込
===================================


◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料最速購読(随時発行)
・株式投資・銘柄洗濯、また割安株投資のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト



下値不安がない低位株を狙え!

東京市場は NY市場の影響は避けられないものの、徐々に連動性は薄くなっており、底堅さも見えてきています。但し、物色の流れは相変わらず気まぐれで、銘柄選別がなかなか難しい状況が続いています。

米長期金利が大きく上昇する中、本来ならば成長株が売られ、割安株が買われるという展開になるはずですが、ところが現在は無配でかつ値がさの成長株が買われるというおかしな動きになっています。多分、景気敏感株が買いにくい中、消去法で動きの良い内需系に買いが回っていると思われますが、中には成長性に疑問がつく銘柄もあり、いずれしっぺ返しが来るでしょう。

このような中、下値不安が小さい低位株をコツコツ拾ったらいかがでしょうか。ただ、低位に放置されているのはそれなりの理由があり、特に財務面が脆弱で無配株が多いのが現状ですので、その辺りのチェックは不可欠です。そして、将来の成長を見据えた先行投資優先の無配であるなら全く問題ありません。また、たとえ少額でも有配の銘柄なら安心です。

これらの低位株は多少時間がかかるかもしれませんが、動き出すサインは売買高が増加することであり、人気化すれば一気に上昇する魅力があります。


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、世界的な経済メディアより取材を受け、話題の企業ニュースに関する見解・コメントを提供しております。
===================================


「銘柄診断サービス」スタート!★

保有すべきか?売るべきか? お困りでありませんか。 当社の「銘柄診断サービス」がその悩みを解決します!全上場銘柄が対象です!会員登録はご不要!


アドバイザーは?
コールセンターではありません!米ブルームバーク、英ロイター、日本経済新聞など世界的経済紙の取材インタビューに、的確な銘柄分析コメントを提供している当社代表取締役 松野 實が、ご相談に応じます!株価はファンダメンタルズ(業績や割安度、財務状況等)や成長性、需給動向、テクニカル指標、市場人気等、多様な要素で決まると考えています。山一證券、(仏)ソシエテ ジェネラル アセット マネジメント等に勤務。


サービスの提供方法
(1) メールで銘柄診断
(2) 電話で株式相談(事前予約制)
「銘柄診断サービス」(メール診断・電話相談)お申込
===================================


◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料最速購読(随時発行)
・株式投資・銘柄洗濯、また割安株投資のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


毎度の悪材料に飽き飽き!

米国のインフレと米長期金利の上昇、FRBによる株式市場いじめ、中国経済の低迷、さらにウクライナ戦争の長期化など懸念材料は枚挙にいとまがありません。ただ、冷静に見れば、新たな悪材料が出てきたわけでもなく、同じ材料が蒸し返されて、世界の株式市場が乱高下しているに過ぎません。もはや市場はこれらの悪材料について飽き飽きしているのです。

こういう時こそ、明るい材料に目を向けるべきです。そして、日本株の優位性に自信を持つべきです。日銀による毅然とした金融緩和策の継続、世界的なインフレ下でも相対的に低い物価上昇率、そして政府が過度のコロナ防御政策を転換したこと、さらに歴史的に低いバリュエーション等々、中長期的には岸田政権によるNISA改革もじわじわと効果を発揮してくるはずです。

確かに現在は世界景気への不安から半導体や商品、海運などの諸々の市況が悪化しており、主力株は冴えない動きです。ただ、半導体市況については業界筋は来年半ばには底打ちすると見ており、株価の先行性ゆえ、年末始あたりから関連銘柄が本格的な反発に入ると見ています。そうなれば、他の景気敏感株も黙ってはいないでしょう。

日本株の要である景気敏感株が動き始めれば、株式市場の雰囲気は一変するはずです。今週の日米株の急騰はその前兆のような気がしてなりません。

それでは、また!


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、世界的な経済メディアより取材を受け、話題の企業ニュースに関する見解・コメントを提供しております。
===================================


(買い)
◆バリューサーチ投資顧問株式会社
<銘柄紹介型>「投資助言サービス」
今、「買いのズバリ!2銘柄」配信!
過去13年の全推奨銘柄と上昇率を公開中!
投資する根拠ある割安株で、確実なパフォーマンスを積み上げています!
===================================

(買いと空売り)
◆バリューサーチ投資顧問株式会社
<ブルベア型>「投資助言サービス」
「買い」と「空売り」の「ブルベア銘柄」を配信!
週1回、ペア銘柄を1セットご紹介!
相場全体に過熱感を感じ、株価変動リスクをヘッジしたい投資家様にも!
※空売りはリスクある取引です。お客様自身で損切りラインを設定していただきますようお願い申し上げます。
※当サービスは信用取引口座の開設が必要です。
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら
<ブルベア型>サービス内容はこちら
===================================

(空売り)
◆バリューサーチ投資顧問株式会社
<信用空売り型> 「投資助言サービス」
株価が下がると予想される「今だ!空売り銘柄」を週1回ご紹介!
過去12年の下落率フル開示!2022年の空売り銘柄を順次公開!
割高度や業績
などファンダメンタルズを中心に、テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、市場動向や人気面などにも配慮します!
===================================


◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料最速購読(随時発行)
・株式投資・銘柄洗濯、また割安株投資のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(随時配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去15年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・新NISA銘柄の<新NISA対応型>
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別4種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース