FC2ブログ

☆環境・エネルギーは普遍的なテーマ!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

注目の洞爺湖サミットが終わりました。
大した成果がなかったという声もありますが、
所詮サミットはセレモニーです。
歴史を振り返ってみますと、戦後も米ソ対立、
米中対立とあわや第三次世界大戦かという
一発触発の危機が何度もありました。
サミットで世界の首脳が一同に会するだけでも
大変有意義なことと言えるのではないでしょうか。

ところで、今回のサミットは環境サミットと謳われ
ましたので、株式市場でもこれらの関連銘柄
大分人気になりました(※2008年7月現在)。
ただ、イベントが終わり、これら関連銘柄も勢いを
失せていますが、引き続き、
株式市場の大きなテーマであるのは間違いない
でしょう。
今回ばかりは、環境や原油などの問題が
一時的なことではないからです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
最近の新聞や雑誌をみても、
環境・エネルギー関連の記事は大変多く、
個人投資家にとって必見です。
先日も日本経済新聞にこのような記事が掲載
されていました。
「OPECは12年までに総額23.5兆円の設備投資を
実施する、その内訳は原油生産などに約17兆円
石油精製などに約6.5兆円を投資するとOPECの
事務局長が記者会見で述べた。」(7月11日)
というものです。これはとてつもない金額です。

その前に「日揮(1963)はサウジアラビアから
原油処理設備の建設を2,000億円超で受注した
と発表した。」(7月3日)という記事もありました。
日揮の今期の売上高は5,600億円ですから、
これも同社にとって過去最大級の金額であり、
今後、更に大きな受注が期待される環境にあります。
それにも拘らず、日揮の株価は多少反応したに
過ぎませんでした。

大切なことは、
環境・エネルギーは普遍的なテーマであると
確信することであり、
目先の地合いの良し悪しに流されることなく、
業績面にどのように反映されるのかを冷静に
チェックする
ことです。
そうすれば、自ずと答えは出るはずです。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース