FC2ブログ

☆テクニカル分析? ファンダメンタル分析?

市場全体や個別銘柄の投資タイミングをはかるために、
株価や出来高の動きなどに注目する
テクニカル指標
がたびたび用いられます。
代表的なテクニカル指標としては、ゴールデンクロスや
サイコロジカルライン、騰落レシオ、一目均衡法等々、
多くのものが挙げられます。
これらの指標を用いて
相場の過熱感や底打ち感
といったものを捉えようということです。

どのテクニカル指標に着目するかはともかく、
株価の位置や出来高の変化に注意する
ことは株式投資をする上で大変重要なことです。
なぜならば、株式相場は市場に参加する投資家の期待感
や不安感など
心理状態の総和
ということでもあり、テクニカル指標
それらを表現したもの
だからです。

但し、テクニカル指標を利用する際には、注意することが
2点あると思っています。
ひとつは、株式投資の基本はあくまでも
各社の業績や資産の状況に着目した
ファンダメンタル分析

にあるということです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
ここをしっかり押さえておけば、いざという時でも大怪我
は避けられます。
もう1点は、
世界経済や景気動向などを踏まえた上で、
現時点での相場水準をきちんと把握しておくこと

が必要です。
具体的には
日経平均が4万円近くでPERが100倍以上であったバブル時代

日経平均が1万1000円前後で予想PERが16倍(東証1部)の現在
とは相場水準が明らかに違うということです。

このことを踏まえてテクニカル指標を利用
すれば、
「過熱感が一時的なのか、それとも長引くのか」
といったことや、
保有銘柄が値下がりした場合でも、
「見切り売りなのか、それとも持ち続けるべきなのか」
といった判断がより自信をもって行えるようになると思います。

結論を言えば、
銘柄選び
には
テクニカル分析ファンダメンタル分析
のどちらを重視すべきなのかという議論がありますが、
どちらも大変重要
だということです。
この2つの分析に加えて、
人気度材料性
などを含め、
総合的に判断する
ことが銘柄選びの一番妥当な方法なのです。

■実体験コーナー
最も単純で有効なテクニカル指標株価変化率です。
銘柄発掘ナビフリーセレクトを使い、株価変化率(3ヶ月)を
クイックメニューの上位10%、PERを20倍以下
という条件で検索してみてください。
2005年5月13日現在で6銘柄(日経225銘柄のうち)が検索され
ます。中には中長期投資でよさそうな銘柄もあります。
http://www.value-search.co.jp/samples/navi03sel1.asp

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html



スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース