なぜ、低PER銘柄が放置されているのか? - バリューサーチ投資顧問の「株式投資に生涯つきあう法」
fc2ブログ

なぜ、低PER銘柄が放置されているのか?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今週は米国の厳しい新金融規制案が懸念され、NY市場をはじめ
世界の株式市場は波乱の展開となりました(※1月23日現在)。
ただ、わが国への影響はさほど大きいとは思えず、
押し目待ちの投資家にはいいチャンスになると思っています。

さて、最近は「なぜ、多くの低PER銘柄が放置されているのか?」
という質問をよく受けます。その理由は、
 1.低PER銘柄の多くは内需株やディフェンシブ株であり、
   これらはデフレ経済の中で今後の業績回復が期待しにくい。
 2.低PER銘柄には小型株が多く、大企業に比べて中国などの
   新興国で稼ぐのが比較的難しく、急速な業績回復が期待しにくい。
 3.現在は外国人主導の相場であり、銘柄選別基準が割安度ではなく、
   成長性に重点が置かれている。
などだと思います。

PERやPBRなどの客観的な指標が有効ならば、投資家にとっても
やり易いのですが、現在は今期赤字でも来期回復するならば買う
という相場ですので、銘柄選びの難しさがあります。ただ、
それは決して「割安度」を全く無視しているということではなく、
市場の関心が既に今期から来期に向かっているということだと
思います。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
フルサポート型> 運用金額 1,000万 3,000万 5,000万円 
顧問料は格安、成功報酬は一切ありません。
6ヶ月または1年間で堅実な成果を積み上げてみませんか?
銘柄売買のご指示は電子メールで行います。
運用金額は、上記以外でもご相談ください。
詳細&サンプルはこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm
=======================================
いくつかの調査機関の予想では、来期業績は60~90%程度の
増益とのことです。もしもそうならば、現在の平均PER37倍
(東証1部)は一気に20倍前後まで下がることになり、現在の
相場水準は割高でないということになります。ただ、
個別銘柄の来期業績はまだよく見えないのが現状です。

まもなく第3四半期業績発表が本格化しますが、今期の通期業績も
ほぼ見えてきます。そこで、ある程度は来期を予想することができる
と思います。例えば、多くの企業が上期より下期がいい数字になる
筈ですので、下期の数字だけ2倍にしてみるのもひとつの方法だと
思います。その数字に新興国への進出度合いなどを加味してみたら
面白いかもしれません。
買いたくなる銘柄が見えてきそうです。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(随時配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去15年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・新NISA銘柄の<新NISA対応型>
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別4種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース