☆時にはインデックスで銘柄選択を! - バリューサーチ投資顧問の「株式投資に生涯つきあう法」
fc2ブログ

☆時にはインデックスで銘柄選択を!

さて、今週は日経平均が1年3ヶ月ぶりに12,000円を上回り
ましたが(※2005年8月現在)、日本の株式市場全体の動きを
捉えるために、主に
2つのインデックス
が使われることは皆さんご存知の通りです。
日経平均TOPIX(東証株価指数)
です。
この2つのインデックスの違い
を知っておくと、
相場の方向性を捉える上で大変有意義
ですので、本日はその特長をお話しします。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
日経平均は、
市場で流動性の高い銘柄を業種のバランスも考えて
選択した225銘柄

が対象となります。
各銘柄の
株価合計を銘柄数で割った単純平均
です。
一方、
TOPIXは、
東証1部全上場銘柄、すなわち現時点では約1650銘柄
を対象とし、
各銘柄の時価総額(株価×発行済株式総数)の合計
の推移を指数化したもの

です。

2つの指数の特長ですが、
日経平均は単純平均ですので
値がさ株
の影響を強く受けます。
現在日経平均に最も影響を与える銘柄は、
ファナックや京セラ、アドバンテストといった
値がさの電機株
です。
ちなみに
この3銘柄で日経平均のおおよそ10%を占めます。
また、その業種構成を見ますと、
電機株約25%薬品情報通信各々約8%
と大きな割合を占めています。
 
一方で、TOPIX
時価総額の大きな銘柄の影響を受け、
直近ではトヨタ、NTTドコモ、東京三菱といった銘柄が
上位にきます。
TOPIXの業種構成
電機約13%輸送用機器銀行各々約10%
となっています。
 
2つのインデックスの特長を利用した指標
NT倍率
があります。
これは
日経平均(N)をTOPIX(T)で割った値
であり、これにより
市場の物色方向を把握しよう
というものです。
たとえば、株式市場でハイテク株が物色されますと、
日経平均のほうが圧倒的に高い値上がりとなりますので、
NT倍率は上昇
します。
反対に、時価総額の大きい金融セクターなどが物色されたり、
市場全体がじり高になると、TOPIXの方が優位な展開になりますので、
NT倍率は低下
します。
 
個人投資家はインデックスより自分が保有している個別株
の方が大事と思うのは当然ですが、時には
インデックス

銘柄選択のヒントになる
のです。

■「銘柄発掘ナビ割安株セレクト年金運用のノウハウを
個人投資家向けにアレンジしたものです。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi02wgt.asp?from=sel

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(随時配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去15年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・新NISA銘柄の<新NISA対応型>
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別4種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース