やっと本質的な議論に入ったEU! - バリューサーチ投資顧問の「株式投資に生涯つきあう法」
fc2ブログ

やっと本質的な議論に入ったEU!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

歴史的な欧州危機に対して、後手に回っていたEUが、やっと本質的な議論
に入ったようです(※2012年6月23日現在)。以前からことの深刻さは
わかっていたのでしょうが、何せ支援する国と支援される国の力の差が
大きく、なかなか政治的に簡単ではなく、緊縮財政こそ全てという
教条主義に陥っていたように思います。

その中で、フランスの大統領選で経済成長を訴えるオランド氏が勝利し、
ギリシャの総選挙では緊縮反対派が勝ち(再選挙は緊縮派が僅差で勝利)、
一般大衆の声に後押しされる形で、やっと緊縮政策だけでなく、経済成長
不可欠という考え方がEU内の共通認識になりつつあります。

22日には、今月末の欧州首脳会議を控え、ドイツ、フランス、スペイン、イタ
リアの主要4ヶ国の首脳会談が行われましたが、その内容は評価すべき
ものが多くあります。そのひとつが、EUのGDPの1%に相当する約12兆円~
13兆円を経済成長の促進に充てることで意見が一致したことです。そして、
興味深いのは、この財源を確保するため金融取引税の導入で合意したこと
です。

この背景は、銀行は金融危機に対して何ら貢献していないという不満です。
邦銀も同様ですが、超低金利の資金を大量調達し、その資金で国債を買う
ことで鞘を抜くという楽な商売をさせてもらっているのです。ところが、今回は
南欧の国債が下落したことで銀行が危機に陥り、今度は助けてくれという
ことです。こんな状況ですから、銀行からも税金を取れという声が出てくるの
は当然の成り行きなのです。

今後のポイントは、欧州中央銀行が南欧の国債買い入れを再開するのか、
また、ユーロ全体で資金調達をする「ユーロ共同債」、域内の金融行政を
一元化する「銀行同盟」の議論がいかに具体化するかということでしょう。
株式市場に大きな影響を与えるのは、ギリシャの選挙結果ではなく、EU
思い切った政策を迅速に遂行できるかどうかです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 生きた証券用語辞典
株式投資にすぐに役立つ最新のキーワードを随時登録し、
”生きた辞典”を作ります。
本日の記事より、
・「金融取引税」とは?
・「ユーロ共同債」とは?
・「銀行同盟」とは?
新聞やニュースの見出しを併記し、実践的な用語解説を心がけます!
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(随時配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去15年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・新NISA銘柄の<新NISA対応型>
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別4種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース