FC2ブログ

米国株はバブルなのか?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

8月の米雇用統計は前月比14.2万人増と
市場予想の22.5万人を大きく下回り、
8ヶ月ぶりの低水準となりました。
それでも米国の景気拡大基調は変わらず
という見方が大半であり、むしろ、このことで
利上げが遠のくという思惑もあり、発表後の
S&P500は史上最高値を更新しています。

ところで、様子見を決め込んでいる投資家の
中には、米国株の先行きについて警戒して
いる向きも多いようです。
その根拠は既に5年以上に亘って上昇しており、
今やバブルの状態ではないか、利上げを機に
大幅な調整は避けられないのでないか、
そうなれば、多かれ少なかれ、東京市場への
影響は避けられないということです。

ある意味でもっともな心配ですが、ただ、
株価を決める最終的な要素はファンダメンタルズ
です。
米国の景気拡大基調は徐々に力強さを増して
おり、揺るぎないものになりつつあります。
また、米企業の業績は好調そのものであり、
「配当+自社株買い」のリターンは5%前後
なっており、これほど魅力的な投資対象は
ないという状態です。

そして、バブルとは日本の1980年代の過剰
流動性相場や1990年後半からのIT相場のように、
PERが70倍~100倍となり、どうにも説明が
つかない状態のことです。
現在の米国株のPERは15倍前後、決してバブル
の状態ではありません。
ファンダメンタルズの裏付けがあれば、株価が
どんなに上がってもバブルではないのです。

また、利上げを警戒する向きも多いようですが、
利上げは堅調な景気の反映であり、過去の
利上げ時にも株価は上昇しています。
さらに利上げによって流動性が吸い上げられ、
金融相場が終わるという悲観的な見方があります
が、米国の株式市場は既に業績相場に移行した
と思われます。

従って、米国株については短期的な調整がある
かもしれませんが、大崩れすることはないと
見ています。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズを基本に、
「投資する価値・根拠ある」株式を推奨!
<銘柄紹介型>(買い)と<信用空売り型>(空売り)
全銘柄実績・パフォーマンスは推奨時株価(翌始値)と
その後の高値を日付入りで当社HPにて公開中!
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、Q&A、ご相談窓口はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
<フルサポート型>では、コースにない運用金額でもご相談下さい!
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース