FC2ブログ

今後主流になる投資手法とは?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

スポーツ界の不祥事が相次いでいます。
今回のバトミントン選手の行動や発言から
感じられることは、スポーツは一流でも
頭の中身の成長は伴っていないということ
です。
彼らに限らず、野球賭博に関わった
プロ野球選手も同じです。
一流スポーツ選手を過剰におだて上げる
スポーツマスコミや不釣合いな巨額報酬が
バカ選手を生み出している背景でしょう。
この仕組みが変わらない限り、また同じことが
繰り返されるだけだと思います。

ところで、今後の株式市場にあまり強気に
はなれないけれど、そうかと言ってここまで
下げれば、弱気一辺倒にもなれないと
悩んでいる投資家がたくさんいると思います。
専門家と言えども、相場の先行きを的確に
見通せる人間は世界中に一人もいない
のですから、このように悩むのは至極当然
でしょう。
分からないものは分からないのです。

このような時こそ、相場の上げ下げに賭けない
投資手法が一番良いと思います。
具体的には売りと買いを同時に
“ロング・ショート運用”
(当社ではブルベア型)です。
ロングは買い、ショートは売りを意味し、
上がると評価する株を買う一方で、
下がると判断される株を信用取引等で
売り建てる投資手法です。
ヘッジファンドや投資信託の運用では、
売り買い双方で損失が出ることを避けるため、
同一業種で売り買いを行うことが一般的です。

ただ、個人投資家の場合は、そこまでリスクを
意識する必要はないと思います。
単純に値上がりを期待できそうな銘柄を買い、
値下がりしそうな銘柄を売るということで
良いでしょう。
この際、売り買いを同時に行うこと、
売買代金は売り買いほぼ同額にすることが
基本です。
これからしばらくは、ロング・ショート運用が
株式投資も主流になるかもしれません。
それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 毎週明け、類似業種の中から
上がると評価する買い銘柄
下がると判断する空売り銘柄をペアで配信!
当社独自の個別銘柄ロングショート戦略商品!
週1回、「買いと空売り」のペア株式を1セットご紹介!
※空売りはリスクある取引です。お客様自身で損切りラインを
設定していただきますようお願い申し上げます。
※当サービスは信用取引口座の開設が必要です。
※類似業種ではないペア銘柄もございます。
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら
<ブルベア型>で配信されるサービス内容はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース